概要

組織概要

名称 九州車椅子バスケットボール連盟
Kyushu Wheelchair Basketball Federation (Kyushu-WBF)
会長 矢田 成昭
所在地

〒874-0011
大分県別府市亀川1393 社会福祉法人 太陽の家内
電話:0977-66-0277(代表) FAX:0977-67-0453

地図 Googleマップ


大きな地図で見る

連盟設立 1975年5月2日
公式Webサイト http://www.kyushu-wbf.net/
会員数

会員数

  682名(男:612名 女:70名)

チーム数

  78チーム
   ・車椅子バスケ 16チーム (うち、女子1チーム)
   ・健常者バスケ 6チーム
   ・車椅子ツインバスケ 12チーム

活動方針

 九州の車椅子バスケットボール競技を統轄し代表する団体として車椅子バスケットボール競技、車椅子ツインバスケットボールの普及及び振興を図り、もって身体障害者の健全な心身の養成と社会参加及び障害に対する社会の理解を促進しバリアフリー社会の実現に寄与することを目的とします。

また、障がい者スポーツ取り巻く環境は近年、競技種目の多様化、多極化に伴い大きく変化してきました。特に車椅子を使用しての競技は、マラソン、テニスを代表とする個人競技の充実に伴い、障がいを持つアスリートにとって、より多くの選択肢を持てる時代へと変化を遂げています。

この様なおおきな環境の変化のもと、車椅子バスケットボール競技も、その影響を受け、選手の高齢化をはじめとする多くの問題を抱えています。私たち、九州車椅子バスケットボール連盟としてもこれらの諸問題を的確に把握、分析し、将来の更なる普及及び振興を構築する事を目的とします。